脊柱管狭窄症は、ストレッチで改善できる? 病院や整体に通っても、なかなか完治しない脊柱管狭窄症は、ストレッチで改善できるのでしょうか?脊柱管狭窄症の症状・間欠性跛行・治療方法について腰痛治療の第一人者、中川卓爾院長が動画で話しているのをご覧ください。

脊柱管狭窄症の症状とは?

腰部脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症またの名を腰部脊柱管狭窄症という病気は、脊髄・馬尾神経・神経根などの神経が通っている脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っているこれらの神経や神経の周りの血管が圧迫されることで、腰だけでなく下半身に痛みやしびれを生じたり、様々な障害を引き起こす病気のことを言います。では、なぜ脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される状態になるのか、その仕組みについて見ていきましょう。 人間の体の背骨は、椎骨という骨がいくつも重なって、頸椎・胸椎・腰椎が繋がって仙骨まで伸びています。椎骨は、前方部分の椎体と後方部分の椎弓で構成されていて、この2つの間に空間があり、椎骨が縦にたくさん繋がっていることで、縦長の管状の通り道が作られます。この縦長の管状の通り道のことを脊柱管と言います。脊柱管には、別名中枢神経と呼ばれる脊髄の他に、この脊髄と繋がっている末梢神経が束になっている馬尾神経、さらには、この馬尾神経から左右に伸びている神経根という神経が通っています。 そして、年を重ねるにつれて、腰椎を形成する椎骨・椎間板・靭帯・関節などに年齢的な変化が起きることで、脊柱管内の神経を圧迫したり、神経の周辺を取り巻く血管も圧迫されて、腰痛・下半身の痛みやしびれを伴う下肢機能の障害・間欠性跛行・膀胱や肛門機能などの障害を発症してしまうのです。この脊柱管狭窄症は、若い年代でも起きることはありますが、基本的には、50歳以上の高齢者が多く発症しやすいと言われています。

脊柱管狭窄症の原因とは?

脊柱管狭窄症の原因の中で最も多いのが、年齢を重ねるにつれて骨が老化して腰椎の形が変形することです。まず、椎骨同士の間に位置する椎間板は、老化するにつれて厚みがなくなり、椎骨同士がこすれて変形して、骨棘(こっきょく)という出っ張った棘ができ、後方の脊柱管内に飛び出し神経を圧迫します。そして、椎間板や後縦靭帯の老化によって椎骨を支える力がなくなり、椎骨は後方にずれてしまい、脊柱管の空間を狭くしてしまい神経を圧迫します。 また、椎間板が老化することで、後方に位置している脊柱管内に膨らんで盛り上がってくることがあったり、脊柱管の後ろに位置する黄色靭帯も、老化に伴って徐々に骨化していき、前方の脊柱管内に盛り上がってくるので、これらも脊柱管内の神経を圧迫してしまいます。さらに、変形性腰椎症・腰椎分離症・すべり症・椎間板ヘルニアなどが脊柱管狭窄症の原因にもなる場合もあります。 中には、体が成長する段階で、脊柱管が十分に成長しなくて、正常な広さにまで広がらなかった場合も、脊柱管狭窄症になりやすいのです。このように、ほとんどの脊柱管狭窄症は、後天性の発症した原因がかなり影響するのですが、中には、生まれつき脊柱管が狭いという先天性の原因が、柱管狭窄症を引き起こすことも稀にあります。

脊柱管狭窄症の症状とは?

脊柱管狭窄症で見られる症状の特徴として、歩き出すと足に痛みやしびれが出てきて歩けなくなり、少し休息を取ってイスに座ったり、前かがみになることで痛みやしびれが軽くなって、また再び歩き出すことができる間欠性跛行が挙げられます。このように、脊柱管狭窄症では、腰の痛みは軽いものばかりで、腰より下の足の痛みやしびれなどの症状が多く見られ、間欠性跛行のような症状を発症するのです。 この間欠性跛行は、歩行時に腰椎部分が後ろに曲がった後屈状態になるので、馬尾神経や神経根が圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなる血行障害を発症することで起きると言われています。そして、脊柱管狭窄症には3つのタイプが存在し、タイプ別に圧迫される神経の箇所が違い、それぞれ発症する症状も違ってきます。まず、 神経根が圧迫されるタイプですが、このタイプは、腰やお尻辺りから足に掛けて痛みやしびれを生じ、左右の神経根のうち片方だけ圧迫された場合、圧迫されている方の片足だけ症状を発症し、左右両方の神経根が圧迫された場合、両足に症状を発症してしまうのです。 また、神経が束になっている馬尾神経が圧迫されたタイプの場合、両足の広範囲にわたり、痛みよりもしびれや麻痺を発症したり、足に力が入りにくいといった状態になる以外にも膀胱・腸・肛門の機能にも影響し、排尿・排便機能に障害が現れるようになります。さらに、これらの2つのタイプが同時に発症するタイプもあるのです。

脊柱管狭窄症の症状とは?

脊柱管狭窄症の治療法としては、重症でない場合、薬物療法・神経ブロック療法・理学療法のような保存療法が行われ、もしも、治療の効果が見られず、生活に支障をきたすほど症状が悪化してきた場合に手術を行います。まず、薬物療法では、消炎鎮痛剤などで痛みを抑え、ビタミン剤などで神経の機能を補助し、循環改善剤で神経の血行を改善します。 そして、神経ブロック療法では、痛みやしびれを発症している圧迫された神経の周辺にステロイド剤という局所麻酔剤を注射して症状を抑えます。また、赤外線照射やホットパックによる温熱療法、血液の流れを良くする超音波療法、腰椎を引っ張る牽引療法、筋肉のマッサージなどの理学療法もあります。さらに、腰を安定させて痛みを和らげるコルセットによる装具療法、神経の圧迫や血流改善のために脊柱管を広げたり、腰周りの筋肉を強化するための運動療法などの保存療法も行われます。 しかし、これらの保存療法でも、脊柱管狭窄症の症状を改善することができない場合もあります。その場合、よく用いられる手術法は2つあり、その一つが、神経を圧迫している骨や靭帯を取り除く除圧術です。この除圧術では、椎弓全てを摘出する椎弓切除術や椎弓を部分的に削る開窓術が行われます。 2つ目の手術が脊椎固定術で、すべり症や脊椎が安定しない状態の脊柱管狭窄症の場合、神経を取り除いた後にすべり症の矯正や脊椎を固定するために、スクリュー・ロッド・スペーサーなどの固定器具を用いた脊椎固定術が行われるのです。

中川式腰痛治療法

中川卓爾イメージ

今までに延べ50万人以上の腰痛患者を治療してきた腰痛治療の第一人者で鞍ヶ池ヘルスケア接骨院院長である中川卓爾さんの自宅で出来る腰痛治療DVDです。

 

中川卓爾院長と言えば、中川式ストレッチがテレビや雑誌で紹介され話題となりました。プロスポーツ選手も取り入れる中川式ストレッチを使った腰痛治療法を紹介しています。

 

中川式腰痛治療法の詳細

 

 

 

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

福辻鋭記イメージ

治療歴30年以上、施術実績50,000人以上、東洋医学のカリスマと各種メディアで取り上げられたアスカ鍼灸治療院の院長である福辻鋭記さんの腰痛解消DVDです。

 

脊柱管狭窄症による間欠跛行などに効果がある5分で出来る腰痛解消ストレッチ法を紹介。腰痛に特化したストレッチなので痛みがあっても実施できるようになっています。

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」の詳細

病院や整体に通っても、なかなか完治しない脊柱管狭窄症は、ストレッチで改善できるのでしょうか?脊柱管狭窄症の症状・間欠性跛行・治療方法について腰痛治療の第一人者、中川卓爾院長が動画で話しているのをご覧ください。

 



ページの先頭へ