変形性腰椎症を自分で治す方法

変形性腰椎症は、自分で治すことができます。変形性腰椎症は、老化によって椎骨・椎間板・椎間関節が変形することで、発症する腰痛ですから、一時的に痛みを和らげても変形性腰椎症になる根本的な原因を改善しなければ何度も再発を繰り返す可能性があります。

ですから整形外科や整体で痛み止めの治療では不十分です。毎日の生活の中で痛みの原因を作らないようにしなければなりません。老化による衰えを防ぎ、脊柱管内の神経を圧迫している原因を取り除くことが必要です。そのためには腰痛ストレッチなどで身体や関節を柔らかくし、血流が滞らないようにします。通院だけでじゃなく自分でケアすることが腰に痛みを解消し再発を予防する近道となります。

変形性腰椎症とは

年齢を重ねるにつれて、頸椎・胸椎・腰椎で構成されている背骨は徐々に老化していき、その中で、腰椎が変化して起こる腰痛が変形性腰椎症です。老化によって腰椎を構成している椎骨・椎間板・椎間関節などが変形することで、脊柱管内の神経を圧迫してしまい腰に痛みを発症します。背骨が老化することで発症しやすくなることから、中高年の方によく見られる腰痛の原因として知られています。

ほとんどの変形性腰椎症は、骨の老化によって引き起こされたものですが、中には、腰への負担が大きい重労働を仕事にしていたり、スポーツなどの激しい運動をよくする方でも発症します。特に変形しやすい箇所が椎間板でクッションの役割をしている椎間板は、老化が進むにつれて水分が減ってしまいクッションの役割が失われていき、形が圧力によってつぶれて変形します。

すると椎骨同士がこすれてしまうので、椎間関節が擦り減ったり椎骨が変形して骨棘(こつきょく)という棘(とげ)のような出っ張りが形成されます。この骨棘が脊柱管内の神経を圧迫して、痛みやしびれのような症状を発症するのです。さらに椎間板が変形して脊柱管内に飛び出したり脊柱管を狭くしてしまうので、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰痛も同時に発症することもあります。

変形性腰椎症の原因

変形性腰椎症は、ほとんどの場合、年齢を重ねるにつれて背骨の腰椎が徐々に老化していくことが原因とされています。 中には、腰に負担が掛かる重労働や激しいスポーツなどを よくする方でも発症することがあるようですが、老化によって 骨が弱って変形しやすいことから、中高年の方に多く見られる腰痛だと言われています。 背骨の中でも、最も可動域が広く酷使される腰椎の 老化によって発症し、特に変形しやすいのが椎間板です。 椎間板には、骨に加わる圧力を和らげるクッション的な役割があり、たくさんの 水分が含まれているゼリー状の髄核と、その周りを覆っている繊維輪で構成されています。 しかし、椎間板は20代に入ると老化が進み それに伴って髄核の水分も徐々に減ってしまい、 圧力が加わると形がつぶれて変形していきます。 そして、周りを覆っている繊維輪を押し上げるように 脊柱管内に盛り上がってきてしまい、神経が通っている 脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫して痛みを発症するというわけです。 また、椎間板がつぶれて変形して椎骨同士の隙間がなくなるので、 椎間板同士がこすれて変形したり、椎間関節も擦り減ることで、 骨の増殖反応が起こり、椎骨が変形して骨棘という棘のような 出っ張りが形成され、これも脊柱管を狭くしてしまい神経を圧迫するのです。 このような椎骨や椎間板などの腰椎の変形が原因となり 神経が通る脊柱管が狭くなることで、脊柱管内の神経が 圧迫されて痛みを生じるのが変形性腰椎症の特徴なのです。

変形性腰椎症の症状とは?

変形性腰椎症の症状は、腰部分の痛みが最も多く見られる症状で、寝た状態から朝起床して動き出そうとした時、長時間同じ姿勢ずっとイスに座った状態から急に立ち上がろうとした時など、静止状態から次の動作に移ろうと動き出した時に痛みを発症します。しかし、動き出して時間が経つと、徐々に痛みが和らいでいくという特徴も持ち合わせています。

そして痛みが出る時と出ない時が繰り返し起こる慢性の症状と、長期間ずっと痛みが持続してしまう症状の2つのケースがあります。また、骨が老化して変形性腰椎症になると骨が動かせる可動域が狭くなってきてしまいます。ただ老化によって動く広さが狭くなるのではなく腰を動かすことで痛みが生じることによって動かせなくなります。

しかも、腰椎部分の椎間板や椎骨が変形することで姿勢が悪化してしまう脊柱変形という状態にもなります。この脊柱変形で、脊柱(背骨)は、通常は軽くS字に湾曲(弓なりに曲がっている状態)した形になっていて腰椎部分では、少しだけ前方方向に湾曲していますが、椎間板や椎骨が変形して左右のバランスが崩れると背骨が横に湾曲した状態になる場合があります。これを脊柱側湾症と言います。

さらに、通常の前方とは逆の後方に向かって曲がった脊柱後湾症、側湾症と後湾症が同時に起こった後側湾症という症状が現れる場合もあります。しかし、腰が曲がるという症状は、老化なら誰にでも普通に起こることなので、腰椎が変形しても痛みを発症しない場合は、それほど気にする必要はありません。

変形性腰椎症の治療とは?

老化によって誰にでも起こりやすくなる背骨の変形は、治療をしても元通りの状態に戻すことはできません。変形性腰椎症特有の痛みやしびれなどの症状がない場合は、あえて治療をする必要はありません。ただし、日常生活もままならないほどの激しい痛みやしびれがある場合は、治療をしなければなりません。変形した骨は元通りにはなりませんが対症療法によって痛みやしびれを取り除くことはできるからです。

そして、この変形性腰椎症で行われる対症療法が、保存療法という治療法なのです。

薬物療法

薬物療法では、痛みを抑える消炎鎮痛剤、筋肉の緊張をほぐす筋弛緩剤、神経の機能を回復させるビタミン剤などの内服薬、消炎鎮痛剤が含まれている貼り薬や塗り薬などの外用薬などが治療に用いられます。また痛みが激しい場合は、神経ブロック注射によって痛みを感じる神経の周りに局所麻酔を注射することで痛みを和らげることができます。

牽引療法

腰を安定させるコルセットを着用する装具療法、特殊な器具を使って腰椎を引っ張ることで神経の圧迫を和らげる牽引療法なども効果的な治療法です。

他にも、理学療法という治療法があり、 赤外線照射やホットパックによる温熱療法 電気刺激を加える超音波療法、 筋肉へのマッサージなど、血液の流れを良くして 筋肉の痛みを和らげる効果があります。 これらの治療法を行い痛みが軽くなってきたら腰を支えるために 腰周りの筋肉を鍛える運動療法も徐々に取り入れていきます。 基本的には、今紹介した保存療法を行うことで 変形性腰椎症の痛みを抑えることができますが、 保存療法を行っても痛みが引かなかったり 脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアへと進行して 症状が重症化した場合は、手術をしなければならない 場合もあるので注意が必要です。
東洋医学のストレッチ整体で腰痛を治す!
福辻鋭記
アスカ鍼灸治療院の福辻鋭記 院長は東洋医学のストレッチ整体で腰痛を治す名医です。自宅で行えるストレッチ整体のやり方を解説。
スポーツトレーナーのストレッチで腰痛を治す!
中川卓爾
プロスポーツ選手のトレーナーで有名な鞍ヶ池ヘルスケア接骨院の中川卓爾 院長が教える自宅で腰痛治療ができるストレッチを解説。


ページの先頭へ