ストレッチで椎間板ヘルニアは治る? 階段の登り下りが辛いくらい酷い椎間板ヘルニアになると病院では手術を勧めるケースが多いようですが、椎間板ヘルニアになる根本的原因を改善しない限り、手術をしても再発する人があまりにも多いと言われています。 簡単に言えば、椎間板に圧力が加わって、中の髄核が飛び出したのが「椎間板ヘルニア」ですから、椎間板を押し出している力を弱め椎間板の中を陰圧にするだけで、椎間板の神経を押している髄核の力が弱まり、それだけでだいぶ楽になります。 このように椎間板を陰圧できるのが、椎間板ヘルニア改善ストレッチです。ストレッチを繰り返すことによって出ている髄核をすり減らしていくとヘルニアは、どんどんどんどん治っていくと言われています。症状の度合いにもよりますが。。。手術などする前に、椎間板ヘルニア改善ストレッチを試してみるといいと思います。 椎間板ヘルニアとは? 椎間板ヘルニアって聞くと、真っ先に腰痛のことを思い浮かべるかと思いますが、では、椎間板ヘルニアとは、一体どのようなものなのかお話していきたいと思います。 椎間板とは? でもその前に、椎間板ヘルニアを理解しやすくするために、 まず、椎間板とヘルニアについて説明しておきます。 脊椎つまり背骨は、椎骨という骨が縦に繋がって形成されていて、 この椎骨の前方部分に位置している円柱の形をした骨を椎体と言います。 そして、椎骨の椎体と椎体の間にあり、衝撃を和らげてくれる クッション材の役割をするものがあります。 これが、椎間板と呼ばれるものです。 この椎間板は、周りを繊維軟骨の層のよって形成されてい る固い繊維輪と呼ばれるもので覆われていて、 その中は、柔らかいゼリー状の髄核で構成されています。 ヘルニアとは? では、ヘルニアは、どのような病状がと言うと 体の臓器などの内容物が圧迫されてしまうことによって、 本来あるべき正常な位置から、別の位置に移動したり 外部へはみ出してしまう状態のことを言います。 一般的に、ただ単にヘルニアと呼ぶ場合、 腰椎椎間板ヘルニアのことを指すのですが、 実際には、ヘルニアには様々なタイプが存在します。 例えば、鼠径(そけい)という足の付け根部分や臍(へそ)から 腸が飛び出した状態のことを鼠径ヘルニアとか臍ヘルニアと言いますし、 横隔膜の食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部分が 飛び出した状態のことを食道裂孔ヘルニアとも言います。 また、椎間板ヘルニアの中にもいくつか種類があり 腰部分の腰椎椎間板ヘルニアの他に胸椎椎間板 ヘルニアや頸椎椎間板ヘルニアなどがあるのです。

椎間板ヘルニアの種類とは?

椎間板ヘルニアは、椎間板の老化によって繊維輪が膨れ上がったり 髄核が飛び出して椎間板が変形した状態を言いますが 実は、この椎間板が変形して飛び出した状態も4つの種類に分類することができます。 4つの種類とは? 1 髄核が後方に移動して繊維輪が押し出されて膨れて盛り上がっているタイプ 2 繊維輪が少しだけ破れてしまい、髄核の一部分が後方に飛び出してしまって   後縦靭帯のすぐ下で止まっているタイプ 3 髄核が繊維輪だけでなく、後縦靭帯も突き破って   脊柱管まで飛び出してきてしまっているタイプ 4 後縦靭帯も突き破って脊柱管まで飛び出てきた髄核の一部分が、   完全に中に留まっている髄核と分離してしまうタイプ しかし、4つ目の後縦靭帯も突き破り脊柱管まで飛び出て完全に髄核が 分離してしまったタイプは、実は他のタイプよりも治しやすいと言われています。 と言うのも、4つ目のタイプは、あまり神経根を圧迫していない場合、 髄核が後縦靭帯を突き破った時に体が異物と判断して免疫反応が 起こるので、徐々に自然吸収されていくようになるのです。 また、椎間板ヘルニアと言っても、実際に痛みが発症する箇所は 大きく分けて3箇所に分けることができます。 その3箇所とは、背骨の頸椎・胸椎・腰椎という箇所で それぞれで発症する椎間板ヘルニアのことを 頸椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアと言います。 中でも、最も椎間板ヘルニアを発症しやすいのが、腰椎部分の 腰椎椎間板ヘルニアで、その次に発症しやすいのが頸椎部分で 胸椎部分は胸郭で骨格がしっかりとしていることもあり ほとんど可動せず、あまり動かすことがないので椎間板の衰えも 他に比べて少なく、ヘルニアを発症することはあまりないのです。 このように、椎間板ヘルニアには、いくつかタイプがあり 発症する箇所も腰椎部分が多く、大半が腰椎椎間板ヘルニアに なる可能性が高いのです。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

頸椎・胸椎・腰椎の3つある椎間板ヘルニアの中でも、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアです。背骨を構成している椎骨のうち下から数えて5つを腰椎と言い、腰椎椎間板ヘルニアは、この5つの腰椎のうち、1番上の第1腰椎から数えて4つ目の第4腰椎の椎体とそのすぐ下の第5腰椎の椎体の間以外に、1番下の第5腰椎の椎体とそのすぐ下の仙骨の間で発症します。 そして、この第4腰椎の椎体と第5腰椎の椎体の間や第5腰椎の椎体と仙骨の間に位置しているクッションの役割をしている椎間板が変形して、中の髄核の水分が減ってしまうことで、弱くなった繊維輪を突き破って、髄核が外に飛び出し、神経根や馬尾神経を圧迫するので、腰に痛みを生じます。では、何が原因で椎間板が変形して、腰椎椎間板ヘルニアを発症するのか見ていきましょう。腰椎椎間板ヘルニアには、いくつかの原因がありますが、避けることができない原因があります。 それが、年齢を重ねることによって衰えてくる椎間板の老化です。椎間板は20代に入ると徐々に老化が始まり、中の髄核の水分が減っていくことで周りの繊維輪が破れてしまい、髄核が外に飛び出して椎間板が変形することによって、神経を圧迫して痛みが発生するのです。ですから、高齢者の方であれば、誰もがいつ発症してもおかしくないと言えます。また、同じ老化でも椎間板ではなく、骨自体が老化してしまうことでも発症する可能性があります。 単に年齢を重ねることによる老化だけでなく、カルシウム不足によって骨が弱くなってしまい、骨粗しょう症や骨の形が欠けたりして、椎間板を押しつぶしてしまうのです。さらに、普段の生活の中でいつも姿勢が悪い状態でいて背骨が曲がったり、骨盤の位置がずれたりするのも原因の1つです。猫背になったり前かがみになったり、骨盤がずれて背骨も歪んでしまうと、椎間板がつぶれてしまいます。 他にも、急に思い荷物を持ち上げたり、運動で急に腰を動かすなどの無理な動きをしたり、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でイスに座り続けることでも、腰に負担が掛かり腰椎椎間板ヘルニアの原因になります。なので、腰椎椎間板ヘルニアは、30代や40代の働き盛りの世代で多く発症しやいのです。 椎間板ヘルニアが発症する仕組みは、椎骨の前方にある円柱の 形をした椎体同士の間に位置する椎間板の老化にあります。 椎間板は、年齢を重ねるにつれて老化が進み、 中の髄核の水分が少しずつ減っていきます。 すると、水分がなくなり老化した椎間板は、 外からの圧力に対して耐えることができなくなり、 髄核の周りを覆っている繊維輪が外に膨れ上がったり 破れて髄核が外に飛び出してしまいます。 そして、繊維輪が膨れ上がったり髄核が飛び出して 椎間板が外部に変形することで脊柱管内を通る馬尾神経や 神経根などの神経に触れてしまい炎症を起こすことで 痛みを生じるというわけなのです。 さらに、馬尾神経や神経根を圧迫することによって 坐骨神経痛を発症してしまうこともあります。 このように、椎間板が老化して繊維輪が外に膨れ上がったり 破れて髄核が外に飛び出して変形してしまい神経を 圧迫している状態のことを椎間板ヘルニアと言います。 他にも、激しい運動をして背骨に強い負荷を掛け続けて 酷使してしまうことで椎間板が衰えてもきますし長時間 悪い姿勢で座り続けたりすることでも背骨に負担が掛かり 椎間板ヘルニアになる場合もあります。 また、椎間板ヘルニアは、一見すると高齢者に多く見られると 思われがちですが、椎間板は、20代になると徐々に衰えて 老化が始まるので、20代や30代の若い世代でも起きる腰痛なのです。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアでよく見られる症状が、腰から足にかけての下半身の痛みやしびれです。もちろん、ヘルニアの発生箇所や状態、神経の圧迫具合などによって変わってきますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合、大抵が腰より下の下半身の痛みやしびれなのです。 そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、比較的軽い初期の段階では、長時間立ち続けることができなかったり、逆に長時間イスに座り続けることもできなくなるだけでなく、次第に足に力が入りにくくなり、短時間しか歩けなくなります。 また、神経根が圧迫されると、前かがみの姿勢で激しい痛みを生じるようになったり、この神経根の痛みをかばうために、体を横に傾ける疼痛性側弯という姿勢を取るようになり、背骨が曲がってしまいます。それに、膝を伸ばした状態で足を上に上げようとしても痛みで上げることができません。 まだ初期の段階で症状が軽ければ良いですが、重症化してくると腰椎椎間板ヘルニアの症状はますますひどくなります。特に、腰椎椎間板ヘルニアによって、坐骨神経に繋がる神経根が圧迫されると、坐骨神経痛を発症することもあるので注意が必要です。 さらに、馬尾神経が圧迫されると、下半身がしびれてきて神経が麻痺して感覚がなくなり、全く歩けなくなる以外にも、排尿や排便の機能障害を起こすこともあるのです。他にも、運動障害による筋力低下、感覚障害で足に物が触れていても何も感じない症状も現れたりします。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

ひょっとして、腰椎椎間板ヘルニアになってしまうと、必ず手術をしなければならないと不安になっていませんか?実を言うと、腰椎椎間板ヘルニアは、症状が軽いものであれば、手術の必要がないばかりか、単純に安静にしているだけで症状が改善することがあります。なぜなら、軽い症状の場合、安静にしていることで少しずつ小さくなっていき、自然消滅するケースもあるからです。 通常は、よほど重症でない限りは、本来人間が持つ自然治癒力を利用した保存療法という治療法で治療していきます。もし、少し痛みが強ければ、少しでも腰への負担を減らすために、コルセットを装着するなどしてまずは安静にすることを心がけます。この時、よけいなマッサージは逆効果になるので、絶対に避けるようにした方が良いでしょう。 また、激しい痛みを抑えるためには、消炎鎮痛剤を服用したり、痛みの感じる神経の箇所にブロック注射という痛みや炎症を鎮めるための局所麻酔剤を注射して痛みを和らげていきます。そして、少し腰の痛みが和らいできたら、理学療法という治療法も有効です。 理学療法には、温熱療法・牽引療法・低周波治療などがあり、温熱療法では腰を温めることで、牽引療法では特殊な器具を使って腰椎を引っ張ることで、低周波治療では微弱な電気刺激を与えることで痛みを取り除いていきます。 さらに、症状の改善が見られてきたら、体操療法によって腹筋や背筋を鍛える運動も有効な治療法です。もしも、これらの保存療法を行っても一向に症状が改善することがなく、下半身に力が入らず感覚がなかったり、排尿・排便機能の障害が見られる場合は、手術を行うことも必要になってきます。 腰椎椎間板ヘルニアで行われる手術には、PLDDというレーザー治療があり、髄核にレーザーを照射することで、髄核の蒸散させることで、飛び出した髄核の一部分を取り除くことができます。他にも、LOVE法という全身麻酔をして背中を切開し、脊椎神経を圧迫しているヘルニアを取り除いたり、近年では、MEDというヘルニアを摘出する内視鏡視下ヘルニア摘出手術なども行われています。

椎間板ヘルニアを自分で治す方法

東洋医学のストレッチ整体で腰痛を治す!
福辻鋭記
アスカ鍼灸治療院の福辻鋭記 院長は東洋医学のストレッチ整体で腰痛を治す名医です。自宅で行えるストレッチ整体のやり方を解説。
スポーツトレーナーのストレッチで腰痛を治す!
中川卓爾
プロスポーツ選手のトレーナーで有名な鞍ヶ池ヘルスケア接骨院の中川卓爾 院長が教える自宅で腰痛治療ができるストレッチを解説。

椎間板ヘルニアの症状とは?



ページの先頭へ